私が不潔な彼との結婚を諦めた理由

私が不潔な彼との結婚を諦めた理由

電車のつり革やエレベーターのボタンが触れない!
みたいな”潔癖症”の人のエピソードテレビとかでよく見ますよね。

その、真逆が”不潔”ですよね。
テレビで見そうなエピソードでいうとお風呂に入らないとか家がゴミ屋敷とかになりますね。

どちらも、付き合うと大変そうなイメージがありますが
あなたはどちらの方が苦手でしょうか?

・潔癖症の方と付き合うと掃除も塵ひとつ許さない感じで、
 一緒に住んだりすると疲れそうな気がするし

・不潔な方と住むと掃除をそもそもしないって感じですかね(笑)

私は潔癖症の方と付き合った経験はないんですけど、
清潔感という概念がない衛生的にも不潔と感じる方とお付き合いした経験があります。

今回は私がその方とお付き合いして、
結婚直前で断念してしまった経験をお話しさせていただきたいと思います。

とても優しい真面目な彼

私が彼と出会ったのは、
大学2年生の20歳の時でした。

友達の紹介で知り合い、年は5つ上の25歳。

銀行員として働いてる社会人です。

まだ、学生の私から見た彼は
とても大人の魅力に満ち溢れており、
一目見て恋に落ちました。

彼も私と同じ気持ちでいてくれていた様で、
すぐに二人は付き合う事になりました。

真面目で誠実な彼は私に手を出すような事はせずに、
とても大事にしてくれています。

しかし、デートを重ねていく毎にだんだんと違和感を感じるようになっていきました。

違和感の理由

彼との4回目のデートの時。

待ち合わせ場所に現れた彼の服装を見て、「またか」と思いました。

寝ぐせの着いた髪に「ヨレヨレ」のシャツ・「シミ」がついたハーフパンツ。
デートの度に毎回この同じ服装を着てきます。

お風呂に入っていないのか、臭う日もありました。

付き合う前は仕事帰りのスーツ姿しか見たことがなかったので
気づきませんでしたが、清潔感や見た目に無頓着な事が彼の欠点だったのです。

一緒にいると恥ずかしいし別れようかなとも思いましたが、
彼の誠実さにはとても惹かれていたので、
「私、清潔感の無い人苦手なの」と正直な気持ちを彼に伝えました。

彼には全く自覚がなかったようで、
自分がそういう風に見られていたことにショックを受けていました。

彼は私に「二度と君の嫌な思いをさせない」と見た目の無頓着さを改める
約束をしてくれました。 

こうして、清潔感の無い格好を改めてくれる様になった彼。

一緒にいる時間が増えるに連れてその人柄の良さに惹かれていきました。

決定的な出来事

ある日、私は彼からプロポーズを受けました。

まだ大学生だったし、戸惑いましたが
彼の熱意に押されて結婚の申し出を受け入れることに。

そして、付き合って初めて彼の家に遊びに行く事になりました。

彼はご両親が裕福だったこともあり、
同世代と比べるとかなり贅沢なマンションに住んでいて。

ドキドキしながら部屋の扉を開けると
まず、私の目に飛び込んできたのは..

”ゴミ袋”でした。

玄関口にパンパンに詰まったゴミ袋が無数に置いてあり。

夏場ということもあってか、生ゴミが腐っていてかなり臭いました。

ゴミ袋中ではハエや虫がうごめいてるのが見えて、
少し吐き気をもよおしました。

「ゆっくりしなよ」とソファーに座る様に促してくれたのですが、
ゴミの臭いでとてもくつろげる気分にはなりません。

なにより不思議だったのは彼がこの状況を全く意に介していないことです。

恐る恐る彼に理由を聞いてみると「捨てに行くのが面倒くさいから」と
床に散乱しているペットボトルを足で払いながら答えました。

そして次の瞬間、知らないうちに私は悲鳴をあげていました。
足にゴキブリが這っていたのです。

私は引き留める彼の制止を振り払って部屋から飛び出し、
「あなたとは結婚できません」と電話で伝えました。

そこからは一度も彼とは会っていません。

自覚が無いから直せない

極度の”不潔”・”清潔感”の無い人の特徴として、汚いことを汚いと思わないことです。

ゆえに自分に自覚がありません。

私が、身なりに無頓着なことを直して欲しいと言って、
彼は「直す」と約束して、守ってくれました。

でも、それはデートで私と会う時だけ気を付ければいいと、
その事を彼は”点”で捉えていたのです。

彼に電話で「結婚できない」その理由を告げた時、
「不潔なところは直す」と言ってくれましたが、
それも恐らく私が家に行くときだけゴミを捨てるという捉え方なんだと思います。

これから一緒に住んでいく上で彼のそんな”不潔”な部分を
見つけるたびに注意しなければならないのかと思うと、
考えるだけで多大なストレスになると感じたので、

最終的に別れを切り出しました。

清潔感は人生を左右する

清潔感の無さや普段、不衛生な生活を送っている人は、
その人の”印象”として現れます。

印象というと抽象的な言葉になりますが、
”身だしなみ”・”言動”・”行動”を総合したものになります。

話し方や仕事のやり方を教えてくれる講演や動画をよく見かけることはありますが、よい「印象」の与え方を1から教えてくれるコンテンツは少ない様に思えます。

人柄がよくて顔がいくらかっこよくても、
不潔・汚いと思われるとその瞬間から近寄りたくなくなります。

長い人生を歩んでいく上で、人と関わる事は避け通ることはできません。

清潔感の無さは人に嫌われるだけでなく、
周りに大きな迷惑をかけてしまうこともあるのです。

不衛生な生活を送り続けると自分ではそれが当たり前の価値観になってしまうものです。

染みついた価値観はすぐに直るものではありません。
自覚のある方は毎日少しずつ自分が変わっていく努力をしていくことをお勧めします。

口臭サプリ【INIO(イニオ)】