自分に体臭があるって気づくのに40年かかりました

カラダのにおいってなかなか気が付きにくいものです。自分も昔から足が臭いのではないかと思っていましたがなかなか自分で認めたくないところがありました。高校生の時、雨の日に、何か匂う。。周りの同級生も何か匂うと申しています。まさか自分の足のにおいとは思ってもみませんでした。今畳の上の胡坐をかいてこの原稿を書いています。これが十時間くらいすると、少しにおつてくるんです。塗るタイプのデオドランドは必衰です。今までずっと放置され続けてきたのです。まさか、自分は、そんなことない。。。

 

ひょっとしたらお口の方も匂うのかもしれません。下のお口ではなく上のお口です。糸ようじした時に何か違和感があるのです。唾くさいといいますか、唾液のにおいといいますか?ひょっとしてこれってキスするときとか気になるタイプのにおいなのか。

 

においとか自分の体臭ってなかなか教えてもらえません。皆んが皆嫌われる勇気持っていたら皆創業者、経営者、社長、マネージャーです。なかなか言いにくいことは言わないのが日本人のいいところです。